夫がうつ病で退職してしまったので実家の親に借金している

私は子供のころに、親が家で商売をしていましたが、汚い木造の家に住んでいましたので、自分の家は貧乏だと思ってしまっていました。
でも父親は「自分には借金がないことが自慢だ。」といってたことがありました。
でも、私が12歳の時に親が離婚してしまって、私が高校生になるのに、親は国からお金を借りていたようでした。
そのことは、あとになって知ったことでした。
私は、26歳で今の夫と結婚しましたが、夫は大手の企業に勤務していましたので、未来は安定していると思いこんで結婚しました。
でも、50歳になってから夫は、うつ病になってしまい、仕事ができなくて、退職を余儀なくされました。
退職金と、預金を切り崩して生活してきたんですが、もうお金もあまりなくて、私は実家の親に借金をして生活費にしています。
自分でもパートの仕事をしていたんですが、その会社が倒産してしまったので、自分の収入もなくて貴金属を処分したりしました。
子供のころに、貧乏はいやだと思っていましたが、また貧乏になってしまいました。

コメントを残す